ニオイ予防

お風呂はとても大切にしています。

身体からの悪臭のほとんどは、身だしなみの基本ともいえる入浴習慣によって除去できると言われています。
身体から悪臭がするということは、普段から入浴習慣を持たないだらしない人、
または「清潔にしなくてもいい相手だ」と思われているということを示唆していると思われがちです。

汗を掻いたらふき取るのを基本としています。
出来れば毎朝、起きたらすぐに制汗スプレーや消臭剤などを使って脇汗を防ぐように心がけています。
私は介護の仕事をしているので人に密着をすることが多いです。
介護をされる人が不快に思わないようにとても気を付けています。

入浴することは、臭いの元となる毛穴に詰まった皮脂や垢を取り除くことに繋がります。
湯船で体をしっかり温めることは、毛穴を開いて健康的に汗を掻くことにもつながります。
しっかりと入浴をして、汗を流します。特に汗をたくさんかいた日は、しっかりと石鹸などを用いて洗います。
シャンプーだけでなく、リンスやトリートメントを用いて気持ちいいニオイを保つようにしています。