匂いのエチケット

匂いは見た目からも感じる、接する相手へのエチケット

公共の場所で他人の体臭が気になり、自分も気付かないだけで匂いを発しているのかも?と思い、汗ふきリフレッシュシートは欠かせません。
少しでも汗をかいたら脇、首回り、肘や膝の内側など、汗の溜まりやすい場所は常に拭いています。

飲食店の調理と接客業なので、強い香り、甘い香りは食べ物の味を邪魔するので、男性用のメンソールの香りの出来るだけ弱いものを使っています。
脇の汗の染みも見た目で気分悪いですし、メンソールのシートは涼感を得られ汗が止まるので重宝して使っています。
厨房は熱く、首も汗が流れるのでシートで拭いてからタオルを巻いています。
匂いは見た目からも相手に臭いと感じさせてしまうと私は思っているので、可能な限り汗をかいている様子、汗が流れている様子を見せないように心掛けています。

また、口臭にも気を使っており、ミントのタブレットは欠かせません。帰宅時の電車の中でお酒の匂いをさせている方がたくさん居ます。
他人の匂いは気になるものですし、自分自身の匂いは気付かない事も多いので、会話している相手や周囲の方を不快にさせないためにも前もって心掛けています。
トイレには消臭スプレーを持って入ります。次に使用する方へのエチケットだと私は思っています。